株式会社グロービア

製品概要

製品一覧

フェルガード®は「お米」の米ぬかから抽出した天然ポリフェノール「フェルラ酸」を主要成分とする栄養補助食品です。




主要成分

フェルラ酸

米ぬか、小麦、コーヒー、ピーナッツなど食品に広く存在するポリフェノールの一種です。フェルガード®で使用しているフェルラ酸は米ぬかから抽出された植物由来のもので極めて安全性の高い成分です。

フェルラ酸イメージ図

ガーデンアンゼリカ

ガーデンアンゼリカ「西洋トウキ(当帰)」とも呼ばれるセリ科の植物群で北半球の広い範囲に分布しています。甘味、ほろ苦みと強い芳香があり、ハーブティーとして飲用するなど欧州を中心に古くから食用として用いられているハーブです。



バコパモニエラ

バコパモニエラヨーロッパ、北アフリカ、アジア、南北アメリカに分布するゴマノハグサ科の湿性の多年草です。和名はオトメアゼナと呼ばれていて、インドでは健康維持・増進のために利用されてきたハーブです。



製品比較

製品名
Newフェルガード®
LA
Newフェルガード®
LA粒タイプ
フェルガード®
100M
フェルガード®
100M粒タイプ
フェルガード®
100Mハーフ
フェルガード®
100Mプラス
フェルガード®
B
フェルガード®
F
形状 包装 価格
(税込)
主要成分配合量
顆粒
1包(2g)
60包 9,000円
フェルラ酸(100mg)
ガーデンアンゼリカ(100mg)
粒状※1
1粒(300mg)
120粒
※2
8,000円
フェルラ酸(50mg)
ガーデンアンゼリカ(50mg)
顆粒
1包(1.5g)
60包
30包
6,000円
3,200円
フェルラ酸(100mg)
ガーデンアンゼリカ(20mg)
粒状※1
1粒(300mg)
120粒
※2
5,500円
フェルラ酸(50mg)
ガーデンアンゼリカ(10mg)
顆粒
1包(1.5g)
60包 5,500円
フェルラ酸(100mg)
ガーデンアンゼリカ(10mg)
粒状※1
1粒(300mg)
120粒
※2
5,500円
※3
フェルラ酸(50mg)
ガーデンアンゼリカ(10mg)
顆粒
1包(1.5g)
60包 9,000円
フェルラ酸(100mg)
バコパモニエラ(100mg)
顆粒
1包(1.5g)
60包 5,500円
フェルラ酸(200mg)
 

※1 直径約9mm
※2 粒タイプは2粒で同名の顆粒タイプ1包分と主要成分が同じ量になっています。
※3 ボトルタイプは5,700円


New フェルガード®LA

主要成分のフェルラ酸100mgとガーデンアンゼリカの割合を10:10にした製品。

New フェルガード®LA粒タイプ

「Newフェルガード®LA」の粒状の製品で、2粒で「Newフェルガード®LA」1包と主要成分が同じ量。

フェルガード®100M

フェルガード®の基本となる製品。主要成分のフェルラ酸100mgとガーデンアンゼリカの割合は10:2。

フェルガード®100M粒タイプ

「フェルガード®100M」の粒状の製品で、2粒で「フェルガード®100M」1包と主要成分が同じ量。

フェルガード®100Mハーフ

主要成分のフェルラ酸100mgとガーデンアンゼリカの割合を10:1にした製品。

フェルガード®100Mプラス

「フェルガード®100M粒タイプ」の配合をベースに緑茶抽出物であるエピガロカテキンガレート(EGCG)を加えた製品。

フェルガード®B

ガーデンアンゼリカの代わりにバコパモニエラを配合した製品。主要成分のフェルラ酸100mgとバコパモニエラの割合は10:10。

フェルガード®F

ガーデンアンゼリカを入れずに、主要成分のフェルラ酸を200mgにした製品。

配合成分一覧

製品名
LA
LA粒タイプ
100M
100M粒タイプ
100Mハーフ
100Mプラス
B
F
形状 フェルラ酸
(フリー)
フェルラ酸
包接体
ガーデン
アンゼリカ
抽出物
バコパモ
ニエラ
抽出物
緑茶
抽出物
(EGCG)
ビタミン
C
ビタミン
E
顆粒              
粒状              
顆粒              
粒状              
顆粒              
粒状              
顆粒              
顆粒              



フェルラ酸包接体

フェルガード®のフェルラ酸の一部は、トウモロコシ由来のγ-シクロデキストリン(環状オリゴ糖)で包接しナノカプセル化しています。包接することにより体内で徐々にフェルラ酸が吸収されていくようになり、代謝時間がフリー(包接されていない)のフェルラ酸に比べ6時間ほど長く、約12時間になっています。

γ-シクロデキストリン(環状オリゴ糖)は0.9~1.0nm(ナノメートル=10億分の1メートル)と非常に小さく水溶性、消化性に優れた性質を持っています。生体有用成分を包接化することで分子間力を断ち切り、分子レベルで効果を発揮できるようにする働きがあり、フェルラ酸の生体利用率が高まるとされています。

γ-シクロデキストリンについて詳しくは(株)シクロケム社のホームページをご覧ください


緑茶抽出物(エピガロカテキンガレート:EGCG)

緑茶イメージカテキンは主にお茶に含まれるポリフェノールの1種で、緑茶には約4種類のカテキンが含まれています。エピガロカテキンガレート(EGCG)はそのうちの1種で、緑茶全体に含まれているカテキンの約2分の1を占めています。

pagetop

メールでのお問い合わせ
一般のお客様
医療関係者の皆様